【「現代詩手帖」6月号 詩書月評/『白であるから』書評掲載】



今月28日発売の詩の雑誌、「現代詩手帖」2019年6月号、特集は、「詩の未来へ 現代詩手帖60年展」です。


2019年6月に創刊60周年を迎える「現代詩手帖」。その軌跡をたどっていくと、詩の魅力に惹かれ始めた学生時代、繰り返し読んだ月日が蘇ります。


時代の波と共に、さまざまな変化にさらされる詩のことば。それらを支え、未知の可能性へ向けて、常に紙面を新鮮に広げてゆく詩の専門誌の役割は大きなものです。


現代詩手帖との関わりを綴った、多くの書き手の方々のアンケートがその事実を真摯に語っています。


そして、詩書月評に、詩集『白であるから』(七月堂)が取り上げられました。

評者は、宗近真一郎さんです。


他者のことばによって、詩の世界を掬い上げて頂くことはこの上ない喜びです。

詩の新たな「顔」が見えてくる思いです。


全国の書店、図書館などで、ご覧いただけましたらうれしいです。

どうぞ宜しくお願い致します。



【現代詩手帖6月号】

https://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%A9%A9%E6%89%8B%E5%B8%96-2019%E5%B9%B4-06-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B07S4GHZZK/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%A9%A9%E6%89%8B%E5%B8%96%EF%BC%96%E6%9C%88%E5%8F%B7&qid=1559028599&s=gateway&sr=8-1




詩人・作家 神泉 薫(Kaoru Shinsen)のブログ ~言の華~

「ことばを贈る 言葉を届ける コトノハを未来へ」時代と共に「ことば」を耕します。