【雑誌掲載のお知らせ】「みらいらん」3号/「私たちの骨は「稲妻」である。─オクタビオ・パスによせて」


詩人の池田康さん、編集発行の詩誌「みらいらん」3号、小特集「異国の詩歌と睦ぶ」のページに、エッセイを書きました。


テーマは、深く思い出に残る外国の詩について。


自己の精神の形成に影響を与えた詩句、あるいは、外国の詩の、日本の詩とは異なるリズムや思考法が、自分の詩にどのような影響を与えたかなど。


独自の〈黒船経験〉を語って欲しいとの要望で、私は、学生時代から大好きな詩人、オクタビオ・パスについて書きました。



オクタビオ・パス(1914 - 1998)は、メキシコの詩人・批評家・外交官で、日本にも来日したことがあり、東洋思想への造詣も深く、行と行の間に横たわる余白に、高潔かつ清潔な官能性を持つ稀有な詩人です。


評論集『弓と竪琴』の冒頭は、とても煌びやかな一文。


「ポエジーは認識、救済、力、放棄である」


一文一文がまるで「詩」のよう。ことばにみなぎるポエジーに感銘を受けました。


私の詩は、日本の詩よりもずっと、外国の詩の影響が強いかもしれません。



エッセイ「私たちの骨は「稲妻」である」─オクタビオ・パスによせて」

ご興味がわきましたら、ぜひ読んでみてください。


★池田康さん ホームページ http://www.kozui.net/

★全国の書店にてご注文いただけます。その他お求め方法はこちらから。


詩人・作家 神泉 薫(Kaoru Shinsen)のブログ ~言の華~

「ことばを贈る 言葉を届ける コトノハを未来へ」時代と共に「ことば」を耕します。