【神泉 薫・Semaison スメゾン ことばの庭へ vol.2 】


夏の陽がまぶしい季節です。

澄んだ美しさを持つ青空、見つめていると

時を忘れて心が伸びやかに広がっていきます。



今日は、「神泉薫 Semaison スメゾン ~ことばの庭へ」のお知らせです。


2019年5月25日に、スタートしました“Semaison”。

“Semaison”とは、フランス語で「散種」、「種まき」を意味します。


芽生え育ってゆくであろう、ことばの「種まき」をテーマに、人と人、人とことば、ことばと場をつなぐ時空間の創造という試み、5月開催時は、新詩集『白であるから』(七月堂)より、詩作品の朗読、創作のお話などをさせて頂きました。前回の記録はこちらから。


今回は、神泉薫、第三詩集『あおい、母』(書肆山田)に収められた詩「晶子の螇蚸(ばった)」という詩作品の朗読から、文学世界への扉を開いてみたいと思います。


この詩は、明治から昭和期に活躍した、歌人・詩人、与謝野晶子(よさの あきこ)(1878~1942)の作品からインスパイアされて書いた詩。そこから、晶子の人生や作品にも触れていきたいと思います。


鳳小船(ほう しょうせん)という筆名で、出発した晶子。

女性として、ことばを紡ぐ人として、1人の人間として、どのような日々を送ったのでしょうか。 


時代を超えて息づく生命讃歌、そのパワフルなエネルギーは、今を生きる私たちへ

ひそやかな勇気を与えてくれることでしょう。


ご来場、心よりお待ちしております。


________________________________________


【日時】 2019年9月21日(土)

     15:30~17:00(開場:15:15)

【場所】   #YOLO都立大学前

〒152-0032

東京都目黒区平町1-26-18 第一ベルハウス506号室    

東急東横線・都立大学駅改札より徒歩1分

https://yolo.shopinfo.jp/


【入場料】 2,000円(ワンドリンクつき)

【定員】  8名

【お申込み】 神泉薫HPコンタクトフォームより、宜しくお願い致します。

https://www.shinsenkaoru.com/contact





________________________________________

【神泉薫HP】 【神泉薫著作】 【お問い合わせ】

詩人・作家 神泉 薫(Kaoru Shinsen)のブログ ~言の華~

「ことばを贈る 言葉を届ける コトノハを未来へ」時代と共に「ことば」を耕します。