【ラジオ番組VΘEME・放送分アーカイブ/菊田守さんの回】



今朝は、風も穏やか。

光もあたたかいですね。

昨日3月8日は、ミモザの日だったのですね。

駅で見かけた鮮やかなミモザが、まばゆい光に見えました。

ふいに、日常の風景ががらりと変わる瞬間です。

そんな一瞬は、心にもすこし光が射すような気がいたします。



さて今日は、現在放送中のラジオ番組、放送分アーカイブのお知らせを。


調布FM「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く VΘEME」

毎週水曜日 21:30~21:45より放送中です。


毎放送、詩人の方々の詩作品をお送りしていますが、BGMはなく、詩人の聲(こえ)とコトバをダイレクトにお伝えしています。

詩人の方々の聲の響きを五感で感じて頂けたらなと思います。

普段の生活の中で、詩を聴く機会はあまり多くはないかと思いますのでぜひ、本放送とともにお楽しみ頂けたらうれしいです。




2018年9月、第10回~14回放送、ご出演は、日本の先達詩人 菊田 守(きくた まもる)さん。

詩集『かなかな』(花神社)で、愛知県豊橋市制定、第1回丸山薫賞を受賞されています。



柔らかな、みずみずしい抒情と、ユーモアとウィットに満ちた詩作品は、優しく聴き手へと届いていきます。

しかしながら、その軽みの奥には、詩人の、人間として生きた時間の重みと奥行きが、息づいています。


戦争をくぐり抜けて生きた詩人の、貴重な聲とコトバ。

ぜひ聴いてみてください。


VΘEME!

はじめに聲ありき。Voiceありき。

どうぞ詩のことばをあなたの耳元に


詩人・作家 神泉 薫(Kaoru Shinsen)のブログ ~言の華~

「ことばを贈る 言葉を届ける コトノハを未来へ」時代と共に「ことば」を耕します。